検 索

寄 付

学園創立100周年事業

2023年、学校法人東邦学園は
創立100周年を迎えます

理事長挨拶

学園創立100周年に当たって

 東邦高等学校と愛知東邦大学を擁する「東邦学園」は、日本屈指のものづくりの地となった愛知の基盤を整えた実業家のひとり、下出民義先生が創立され、2023年に満100周年を迎えます。

 下出先生は14歳にして大阪・泉州で小学校の教壇を任されるという、天賦とも思える教育者としての才能と情熱を持った方でした。実業界における活躍を通じて痛感した思いを、建学の精神「真に信頼され事を任せうる人格の育成」のもとで結実させたのが、東邦商業学校(現・東邦高校)の設立でした。還暦を過ぎた1923(大正12)年のことです。

 それから1世紀――。私たちはこの先、かつて経験したことのない社会構造と新たな国際関係に組み込まれるに違いありません。文明の加速度的な進歩とグローバル化、日本における少子・高齢化とそれに伴う人口減少です。地球規模の感染症は、ウイルス源である自然環境の破壊を続ける限り、頻発を覚悟せざるを得ません。不確実性、不連続性の時代です。

 大きな転換期に立つ時、未来の姿・時代から見通して、教育の責務を果たしたいと考えています。マスを対象に、均一で効率よい習得を優先する「教え込む姿勢」からの脱却です。

主体性と独自性を負託・期待される私たち私立学校には、それが可能です。建学の精神と校訓「真面目」を踏まえたうえで、「真に信頼され、地域社会・世界の多様な分野で懸け橋になる人財の育成」を学園ビジョンに据えて、「成長実感100%の学園」を目指します。「かつて経験したことのない構造の社会」で働き、生きていく生徒・学生が、独創性を如何なく発揮できるための「個別最適化」の環境を整え、異なる個性・役割を受け入れてネットワーク化する「繋ぐ力」を養うことを重視します。

 私たちはブランディングを通じてこれらを深めます。東邦高校は「目指す生徒像」を掲げ、「自分で考え自ら行動する生徒 他者と共に歩む生徒 強い心で挑戦する生徒の育成」に努めます。愛知東邦大学は「オンリーワンを、一人に、ひとつ。」のもと、「人材育成と学術で地域社会の活力を生む創発大学として新たな時代を切り拓く」ことを掲げ、個別重視の「テーラーメイド教育」に力を注いでいきます。

 素晴らしいポテンシャルを蓄えるこの地域で、卒業生が、信頼される市民として社会的役割を果たし、世界にも貢献しながら、人生を全うする人材に育つこと。これをさらに100年先を見据えた学園の責務とします。

学校法人東邦学園

理事長 榊 直樹

100周年事業コンセプト

キーコンセプトは「はばたき 新時代へ」

学園100周年を機に、若者には、高く掲げた志に向けて飛翔してほしいとの願いを込め、学園はその志を支援して、自らも新時代へとはばたくという決意を表わしました。
下出民義先生は学園創立の趣旨を「将来実業界に立つ有為なる青少年の教育にあるは言う迄もない。特に青年特有の果敢なる精神を失はず、真に信頼し得る人格を造るという点に重きを置き度い。自己の懶怠(らんたい=なまける)なる精神に鞭うって、進む可き途に真直ぐに進むだけの絶大な勇気が必要である。」(1925年7月、『東邦』創刊号の「本校教育の理想」より)と述べられました。キーコンセプトとロゴマークには、1世紀前の訓をかみしめ、新たな時代に向かう意思が込められています。

主な100周年事業

施設・設備
高校運動施設の快適化

『高校グラウンドとテニスコートの人工芝化』は2021年3月に完了。高校の外観イメージが一変しました。

学園総合キャンパス構想

大学隣地に確保した新たな購入地2か所に新校舎を順次建設します。高校用に「創作棟(仮称)」を新たに設けると共に、高校特別棟はワンフロアを全面改修する予定です。
また平和公園とつながる購入地には周囲の環境を生かし、大学生のみならず、高校生も利用できる施設を新築します(第一期は2025年竣工目標)。

学園DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進

新たな教育活動の展開を踏まえ、高校・大学の設備を更新し、生徒・学生が積極的に学ぶICT環境を整備します。

人材育成
TOHO Global Initiative

高校は、世界各国の高校との繋がりを生かし、地球規模の共通課題や目標について学び、打開策・解決策を探究する普通科国際探究コースを、2024年度から国際探究学科に格上げします。
大学は、高大一体的なグローバル教育システムを構築します。アジアからの留学生受入れや人的交流を促進するため、アジア人財育成プログラムを強化発展、外国語教育の推進を図る目的です。

ビジネス系高度専門職人材の育成

知識偏重型から脱却して、実践的なビジネス人材の育成を目指すビジネス系大学院を2025年度以降に開設し、2023年度には『アントレプレナー育成プログラム(仮称)』を開講します。大学の新キャンパスには『インキュベーションセンター』を開設、起業家育成や起業支援を行います。

ブランディング
スポーツ・文化活動の強化

高校・大学それぞれの野球、サッカー、TOHOマーチングバンドを「学園のブランド」として強化。さらには「東邦学園地域スポーツクラブ」を一般社団法人化し、スポーツ・健康づくりの諸活動を通じて、地域社会とつながる学園の姿を示します。

東邦学園100周年PRプログラム

東邦100年の伝統や実績をアピールし、新たな100年へ羽ばたく『広報ブランディング』を進めます。テレビ特番、オリジナル出版、特設ウェブといったメディア企画などを展開します。

学校法人 東邦学園

〒465-8515
愛知県名古屋市名東区平和が丘三丁目11番地
TEL:052-782-1241(代表)